記事一覧

頬を触る女性

シワは注射で改善できる時代|一刺しで終わる悩み

ハリと弾力のある肌

困る女性

顔の筋肉を鍛える

頬のたるみは、老化現象の一つであり中高年代になるとよく見られるようになる現象の一つになります。頬がたるむのは、肌の内部にある保湿成分が少なくなり肌細胞を支えきれなくなることで起きます。肌内部の水分量が低下し、乾燥しがちになるとその分たるみが起きやすくなります。また、顔の筋肉が衰えていることも考えられます。喜怒哀楽の表情を司ると言われる表情筋は、衰えると頬のたるみだけでなくシワが出来やすくなるとされています。そのため、顔のストレッチなど体操を中心に表情筋を鍛えていくと頬のたるみも予防できるようになると言われています。口角を上げたり口元をすぼめたりする一定の動きを繰り返し行っていくことで、顔の運動が出来ます。

美容機器を使った施術

頬のたるみの整形には、美容機器を使った施術が高い評価を得ています。頬のたるみを改善する施術には、ヒアルロン酸の注入や糸を皮膚内に埋め込んでリフトアップさせるもの、手術を行い余分な脂肪や皮膚を除去するといったものなど様々なものがあります。その中でも、美容機器を使った施術が人気なのは痛みや腫れなどがなく施術を重ねることで自然にたるみを改善することが出来るからです。定期的にクリニックで施術を受ける必要がありますが、体への負担が少なく周囲に知られることなく綺麗になることが出来る点が人気です。美容機器を使った施術は、施術の中でも最もリスクが低いと言えるので手軽に取り入れやすく若い世代にも人気を得ています。